かずぽんノート

管理人のかずぽんがお役立ち情報を発信するブログです。

*

あなたは大丈夫?無料アプリで課金をする前に知ってほしいこと

   

課金の恐怖

こんにちは(^^)かずぽんです。

最近の無料アプリゲームって本当に素晴らしいですね。

なにが素晴らしいって、いろいろなゲームが無料でお手軽に始められるし、ゲームの内容についても「これ、本当にただで遊べていいの?」と思うような、すごく面白いものが沢山あるということ。

お金が必要になるのは、「強い武器や防具」「キャラクター」等が欲しい人だけで、自分が使用できる金額の範囲内で課金をすればいいので、運営者側にとっても利用者側(ユーザー)にとっても非常に理にかなったゲーム運営方法だといえます。

ただ、気をつけなければいけないのは、

この課金が非常に危うい、諸刃の剣であるということ!!

自分の責任の範囲内で、必要なときだけ課金がお手軽にできるという便利さの反面、一度でも課金をしたら「なかなか課金を止められなくなった。」という話しをよく聞きます。

今回は、まだアプリゲームで課金をしたことがなく、課金をするかどうか悩んでいるあなたに「諸刃の剣」の部分について説明をしていきたいと思います。

軽い考えで手を出すと、あとで課金の恐怖を身に染みて感じることになるかも知れません。

そのような後悔をしないために、この記事を読んでいただき「課金をすること」について、いま一度考えてほしいと思います。

アプリゲームの課金について調べてみた

課金をしている人の割合はどの位なのか、調べてみた意外な結果

調査対象:全国の20代以上の男女500名(性別/年齢別各50名)
調査方法:インターネットリサーチ
調査実施日:2015年8月21日

課金をする人の割合

出典:500人のアプリ課金の実態調査結果リリース | 株式会社LIVELY

平成27年8月のデータになるのですが、株式会社LIVELYが実施したアンケートによると、課金をしたことがある人の割合は約3割。10人に7人は課金をしていないという結果。

これは意外、個人的な感覚ではもっと課金している人が多いのではないかと感じていたのですが、思っていたほど課金ユーザーはいませんでした。

1カ月にしている課金はどのくらい?

同じく、株式会社LIVELYの実施したアンケートによると、1カ月に使用している課金額は約7割が5000円以下という結果。

1カ月の課金額

出典:500人のアプリ課金の実態調査結果リリース | 株式会社LIVELY

これについても、ちょっと考えていたのと違う結果でした。「課金をしている人はハンパなくしてる」というイメージだったのですが、皆さんある程度、自己管理の上で課金ができているということでしょうか。

スマホ無料アプリの課金について考えてみた

運営会社の業績がすごい

業績の良い会社

ちょっと株に詳しい人であれば、大人気パズルゲーム運営会社の株価が、過去に急激な上昇をしたのを知っていると思います。では、どうしてこのような株価の急騰をもたらしたのかというと、業績が急激に伸びたからなんです。

まあ、当たり前といえば当たり前なんですが、

「業績が良い=課金で儲けた」

という構図があることを忘れてはいけません。

単に「ゲームが面白かった」という理由だけでなく、課金を促す運営方法が上手であったということ。いくらアプリのダウンロード数が多くても、それだけでは企業の業績に直結しません。無料アプリであれば「ユーザーがゲーム内で使った課金額」が収益の柱になるのです。

収益の柱は一部の重課金ユーザー

一万円札

先に述べた「課金している人の割合」「1カ月の課金額」のアンケート結果と、運営会社の業績の伸びから考えると業績を支えているのは、一部のヘビーな重課金ユーザーだということがみえてきます。

実際に、私がこれまでPLAYしてきた無料アプリゲームの中でも、「今月は〇万円課金した」とか「〇十万円使った」ということを耳にしていましたので、ゲーム業界全体で考えた時の重課金ユーザーに使用されている金額は、恐らくとてつもない金額になっているのではないかと容易に想像することが出来ます。

人はなぜ課金をするのか

この理由については簡単。すごく単純な答えです。

それは、人間が生まれつき持っている欲!

ということに他なりません。

これは、「他の人より強くなりたい」「良い思いをしたい」「羨んでほしい」といった考えからくる人間誰しもが持っている欲といえます。

正直、私自身課金をしたことがありますのでこの気持ちについてはよく理解できますし、自分が使用できる範囲内でのコントロールができるようであれば、課金をすること自体はまったく問題はないと思います。

課金には中毒性がある

悩む男性

多くの無料アプリゲームの中には、ゲームにより呼び方は様々ですが「ガチャ」というものがあります。

そして、このガチャにはギャンブルに似た中毒性があります。

ギャンブルでは「次は勝つかもしれない」「負けても次で取り戻す」といった何の根拠もない理由で「止めること自体」が止められなくなり、負のスパイラルに入り込んでいきます。

課金にも似たような感じがあり、軽い気持ちでガチャをしたら「次はもっと良いアイテムが出るかもしれない」「今回は運が悪かっただけ」と自分で自分を納得させて、次のガチャをする理由を探します。

でも、ガチャって狙ってすればするほど、不思議なくらい欲しいものは当たらないんですよね。(泣)

ヨッシャー、今日はこのSランクを手に入れるぞ♪

ん、惜しい。あとちょっと

今日こそはGETできるだろ!

ナヌ、またこのアイテムかい・・・。

上等じゃねーか(`・ω・´)

そして、気づけばかなりの金額を使っていることに。

私は課金で何十万円もお金を使ったことはありませんが、ギャンブルではかなりの金額を使った苦い経験が。

一番危険なのは感覚がマヒすること。

気軽にできる少額の課金から始めて、お金の感覚がなくなり、湯水のようにジャブジャブと使うようにならないことがもっとも大事です。

無料アプリには、いつかは終わりがくるのを理解しておこう

急な終了告知に悲しむ男性

アプリゲームで課金をしていて、一番つらいのがこのパターン。

「強くしたい」、「ゲームを有利に進めたい」という想いでメッチャ課金をしていたのに、突然訪れる悪魔のアプリ終了告知

これまでに行った課金のすべてが泡になる瞬間です。

実際には、終了告知のお知らせがきた瞬間にゲーム自体が終了するわけではなく、「〇月〇日をもって終了します。」といった感じで前もって知らせてくれることがほとんどなのですが、告知をみた瞬間にそのゲームをする気は一切なくなるんですよね。( ;∀;)

ん、なにか新着お知らせがきてるな。

新しいイベントの告知かな?

どれどれ、ふむふむ、な、なんですと(◎_◎;)

まじかよ。俺のお金返してくれ~!!

と、必ずといっていいほどこんな精神状態になります。

ですので、課金をする際は、人気のあるこのゲームにも「いつかは終わりがくる」ということを理解して行う必要があります。

この点をきちんと認識していないと、残るのは後悔の2文字だけですよ。

本日のまとめ

いろいろと書いてきましたが、「課金をすることが悪である」と言っているわけでは決してありません。自分をコントロールすることができれば、たとえ課金をしていたとしても、純粋に面白いゲームとして最後まで楽しむことができるはずです。何事にもいえることですが、「自分を見失わないこと。」これが一番大事です。

 - スマホアプリ