かずぽんノート

管理人のかずぽんがお役立ち情報を発信するブログです。

*

部屋の片づけをこどもに楽しくさせるオシャレな絵本ラック5選!

   

Curio(キュリオ)ワイドタイプ

こどもが部屋の片づけをなかなかしてくれなくて悩んでませんか?

せっかく時間を使ってキレイにした部屋が、翌日にはもと通りになるのはよくあること。

そんな時は、

使ったものはちゃんと直せよ(`・ω・´)

と、叫びたくなりますよね。

分かります。その気持ち良くわかりますよ~。私にも3人のこどもがいて、部屋の片づけには毎日のように悪戦苦闘しています。

私の家庭を振り返って、なぜ、こどもが片づけをしないのかを考えると、大きくは2点。まず1点目が「しつけの仕方が悪かったのかな。」ということ。これはしょうがないですね。自分が育てたこどもですから、ある意味自己責任です。

こんなはずではなかったんだけど・・・。とは思いますけどね。(泣)

そして2点目が、「十分な収納スペースがない。」ということ。片付けをするうえで収納スペースはとっても重要です。これがないと、小さいお子さんの子育てで必要な、「絵本やおもちゃ」をそのまま床に置くことになるので、見栄え的にも悪いですし、こどもにとってもあまり片づけをしているという感覚は芽生えないのではないかと思います。

あと、無造作に積み重ねた絵本は、

崩れ落ちますしね。(笑)

で、おかたづけをこどもにさせるために、こどもが自分から進んで片づけをするような絵本ラックを探していたら、とってもオシャレでかわいい絵本ラックがあったので、ご紹介(^^♪

どれにするか迷うような、オススメのものばかりですよ♪

▽今回、おすすめしている商品は下記リンク先で購入できます。
公式サイトおしゃれな子供家具・雑貨のお店「こどもと暮らし」

部屋と天然木とが調和する優しさあふれる絵本ラック「MilK」

絵本ラック「Milk」

アンティーク調でどのようなお部屋にもマッチ!

素材が天然木なので、場所を選ばずこども部屋やリビング等、場所を選ばずに置くことができます。

サイズ的には、奥行き30cmで幅が50cmとちょっと小さめですが、その分置き場所に困らず最適なサイズ

「Milk」のサイズ

このサイズであれば、「買ったはいいけど置き場所がない」ということもないと思います。高さもこどもが絵本を出し入れするするのに、ちょうどよい位置に収納がありますので、「ママ、今日はこの本をよんで!」と自分で進んで本を選んでくるように♪

どのくらいの絵本が収納できるか

「Milk」の収納スペース

コンパクトな作りですが、絵本の収納としては上段のスペースだけで36冊程度収納できます。

こどもが好きな、良く読む絵本や「これはこどもに読んでほしいなあ」という本を、厳選して上段に置いておくという使い方をするのがいいかも知れません♪

また、下段は背板がついているので、おもちゃを置いたり絵本を縦に並べたりといろいろな使い方ができます。

こどもの成長に合わせて、収納方法を変えてもよいですね。(^^)

角が丸くてお子さんがケガをしにくい構造

角を丸くした安全に配慮された作り

こどもが小さい時は、部屋を走り回って大変です。

元気なのは、大変良いことですが不思議なほどよく転ぶんですよね。(笑)

そこで気をつけないといけないのが、「家具の角」。ちょっと油断をすると角に頭をぶつけて泣いていたりします。

この絵本ラックは、そんな心配を無くす。とまではいきませんが、角が丸くなっていてネジ山についても木ダボを打ち込むタイプなので、極力こどものケガを防ぐような作りになっているのが、嬉しいところです♪

実際に小さなこどもがいる親が考えた細かい心遣いの絵本ラック「Curio(キュリオ)」レギュラー

Curio(キュリオ)レギュラータイプ

細部まで安全にこだわった、こどもに優しい作り

さすがに、実際にこどもを持つ親が考えただけあって、安全の備えはバッチリです。

こどもが触れる部分であるフチにEVAというスポンジの素材を使っていて、金具等も少ないのでこどもが転んだりしてラックにぶつかった時でも、極力ケガを抑えてくれるようになっています。

フチに安心安全なスポンジ素材

さらに、ケガを抑えてくれるというだけではなく、この「EVA」という素材は環境ホルモンを含んでいないので、小さい時にありがちな「なんでも物を口に入れてしまう」ということにも、しっかりと対策がされており安全です。細かい配慮が嬉しいですね♪

ちなみに、このスポンジ、焼却してもダイオキシンを発生させないそうです。(^^♪

なんと、絵本ラック本体に落書きもOK!

こどもは落書きが大好き♪

親としては非常に迷惑な話しなんですが、特に1歳~3歳くらいの時期はいろいろな場所に落書きをしたりしますよね。(´;ω;`)

これが困りもので、書いたものを消すのにとっても苦労します。

そんな悩みを解決するのが、この絵本ラック。

本体に特殊なシートを採用しているので、クレヨンや水性ペンはもちろんのこと、油性ペンで書いた落書きも乾拭きをするだけで楽に落とすことができるんです。いや~、これは便利ですね(^^)

特殊シートで落書きもOK

落書きスペースを設けることで、余計な書いてほしくないところに、こどもが落書きをする回数も減ると思います。

組み立て不要。完成品で届きます!

組み立てって、簡単なものでも意外と面倒だったりします。

もちろん、このひと手間が大好きという方もいると思いますが、商品が届いた瞬間から使うことができるのは嬉しいところ。

カラーやサイズはどうなの?

カラーはオシャレなホワイトやブラウン、そしてこども部屋を鮮やかに彩るブルーやグリーン等、6色のバリエーションと木目調の大人な雰囲気を醸し出すウォルナットカラーがあります。リビングに置く場合で、リビングの雰囲気に合わせたいという方は、木目調も一考の価値ありですよ。

Curio(キュリオ)レギュラーのカラーバリエーション

サイズについては、奥行きは30cm、幅が62.7cmで割とコンパクト。絵本の収納目安としては上部に約30冊。そして下部には約55冊収納が可能ですので、絵本の置き場所として十分活躍してくれます。

Curio(キュリオ)レギュラーのサイズ

収納力がUPした「Curio(キュリオ)」ワイドタイプ

Curio(キュリオ)ワイドタイプ

こどもが大きくなった後でも、使い道がいろいろ。

使い道いろいろの収納力

こちらは、「Curio(キュリオ)」のレギュラータイプより横幅が30cm広くなったワイドタイプです。

レギュラーの横幅が62.7cmだったことを考えると、その差は歴然で収納力も一気にUPします。デザインも非常によいので、こどもが大きくなった後でも、ママやパパのマガジンラックとして使うことができるのも良いところですね♪

ワイドタイプも組み立て不要!

完成品でのお届け

サイズが大きくなっているので、さすがに組み立て式かな。と思っていたのですが、こちらも完成品でのお届けでした。

棚と取っ手さえつければすぐに使えるとのこと。楽ちんで良いですね(^^♪

ワイドタイプのサイズやカラーバリエーションは?

サイズについては、レギュラータイプより横幅が30cm広がっている以外は、レギュラータイプと一緒になっています。

ワイドタイプのサイズ

カラーについては、3種類。木目調のウォルナット、シンプルでオシャレなホワイト、そして素材の色を活かしたナチュラルがあり、レギュラーのカラーバリエーションより少ないものの、お部屋の雰囲気にマッチさせて選択することが可能です。

Curio(キュリオ)ワイドタイプのカラーバリエーション

絵本収納とおもちゃ入れがSETになった1台2役絵本ラック「naKIDS」

naKIDS絵本ラック

キャスター付きのおもちゃ収納ボックスが便利

キャスター付きのおもちゃ収納箱

この商品は、こどもが自分で簡単におもちゃを収納できるように、下部にはおもちゃ収納箱がついています。

しかも、本体と分離タイプになっていて、収納ボックス下にキャスターが付いていることで、こどもでも出し入れがしやすいのが特徴。

こどもに、おかたづけをさせる「習慣づけ」を覚えさせるのにも役立ちそうですね(^^)

大きいサイズの絵本は左側に、小さいサイズは右側に

naKIDSの絵本収納スペース

上部の絵本収納スペースは、左右分かれており、左側は絵本のタイトルが正面から見える正面置きで、お子さんでも出し入れがしやすいタイプ。

そして右側は、棚がついていていろいろなサイズの絵本を縦置きで並べることができます。棚は3段階の高さ調整が可能で、取り外すこともできるので、高さを調整することでちょっとした小物を置いたり、ミニカー等を並べてたり、大きな絵本を置いたりとライフスタイルに合わせて変更できるのが嬉しいですね♪

「naKIDS」絵本ラックのサイズやカラーは?

カラーは一色のみ。薄い木目調のナチュラルだけとなっています。どの部屋でもマッチするような、やわらかい雰囲気の色ですが、個人的には「Curio(キュリオ)」シリーズであるウォルナットがあるといいなあ・・・。と思います。

サイズは奥行きが29cm、幅が80cmとなかなかの大きさです。高さも80cmでこどもが絵本を取り出すのにちょうど良い高さですね(^^♪

naKIDSのサイズ

沢山の絵本を収納できるラックが欲しい方へ「kids book stand」

「kids book stand」

こどものことを考えた、安心・安全な「Curio(キュリオ)」シリーズ

さきに紹介した、「Curio(キュリオ)」レギュラーやワイドタイプと同じく、この「kids book stand」も同シリーズの製品です。つまり、それはお子さんの安全についてとことん考えられた作りであるということ。

日本製で生産はすべて国内の工場で行っていますし、品質にこだわり「低ホルムアルデヒド仕様」となっているので、小さなこどものいる部屋でも安心して使えるのがよいところですね♪

低ホルムアルデヒド仕様

ちなみに、Curio(キュリオ)シリーズの特徴である「本体に落書きをしても消せる」ことや、こどもが口に入れても安心素材の「衝撃軽減スポンジ」は当然ですが、この製品でもついています。

「kids book stand」のカラーとサイズは?

カラーについては、オリジナルである木目調のウォルナット一色のみです。バリエーションが欲しいところですが、私はこの「ウォルナット」がすごく気に入ってます。こども部屋に置いてもリビングに置いても、おしゃれを演出してくれる落ち着いた色ですよ。

「kids book stand」のカラー

サイズは奥行31cm、幅が63.3cmで本はすべて縦に収納するタイプなので、スペース的にはかなりの冊数を収納できます。

「kids book stand」のサイズ

十分なスペースがありますので、使い方としては「この段は絵本の棚」、「ここの棚はヌイグルミ置き」という感じで分けてもよいかもしれませんね♪

▽今回、紹介した商品のご購入はこちらからどうぞ♪


 - おすすめ商品