かずぽんノート

管理人のかずぽんがお役立ち情報を発信するブログです。

*

ケルヒャーの高圧洗浄機K2.400の洗浄力はどうなの?使ってみた感想

      2016/02/09

ケルヒャーK2.400

こんにちは。かずぽんです。

以前から使っていた高圧洗浄機が、年数が経ち古くなったのと、高圧ホースに穴があいて使い勝手が悪くなったので、新しく高圧洗浄機を購入することにしました。

購入を検討するにあたって、色々なメーカーの高圧洗浄機を調べてみたんですが、調べた結果購入したのは、

ケルヒャーのK2.400!

今まで使っていたのがケルヒャー製で、使用感や洗浄力も不満なし、耐久性についても特段問題なかったということもあるのですが、口コミの評価の高さを参考にして再びケルヒャーの高圧洗浄機を購入することにしました。

で、購入した翌日には届きましたので、早速実際に使ってみた感想についてレビューしたいと思います。

トリガーガンと水道ホースの取付方法!

まずは、使うための準備をしなければいけません。

今回購入したK2.400の部品一式は下記画像になります。

ケルヒャー付属品一式

トリガーガン・高圧ホースの取付

取付順番はありませんが、まず最初にトリガーガン(持ち手部分)をSETしてみました。

1.本体にトリガーガンホース取付用のアダプターをSETします。

高圧ホースを取り付けるためのアダプター

2.次に先ほど取り付けたアダプターに高圧ホースの先端をカチッと音がするまで差し込みます。

高圧ホースをアダプターに取付

3.トリガーガン側の黄色のストッパーをスライドさせて、高圧ホースの先端を取付後、黄色のストッパーを戻します。

黄色のロック部分をスライドさせてホースを取付

以上で、トリガーガンの取付は完了です。すごく簡単ですが、黄色のストッパー部をスライドさせるのにちょっとだけ悩みました。

※黄色のストッパー部分ですが、プラスチック製で若干耐久性に難があるように感じました。ですので、取り付け・取り外し時は慎重に行う必要があります。ステンレス製であれば良かったのですが、ちょっと残念です。

水道ホースの取付方法

水道ホース取付についてもすごく簡単ですが、一応説明をしておきます。
※水道ホースについては、付属で3mのホースが付いていますが、今回は家で使っていたホースリールを使用しました。

1.まず本体に、水道ホース取付用のアダプターを取り付けます。

水道ホースを取り付けるためのアダプター

2.次に水道ホースを先ほどのアダプターにカチッと音がするまで差し込みます。

水道ホースをアダプターに取付

これで、SET完了(^^♪

あとは、本体にタイヤと運搬用の持ち手部分を取り付けて一式の取付が完了です。

気になる洗浄力はどうなの?騒音はうるさいのか?

口コミの評価が高くても、自分が想像していた洗浄力があるのかは、使用してみないことには分かりませんよね。

そこで、今回は我が家の中でも特に汚れが気になる部分の「サッシ」と車乗り入れ口の「コンクリート部分」で試してみました。

鳥の糞がこびりついたサッシを洗浄した結果

鳥の糞って、時間が経てばたつほど落ちにくく、頑固にこびりついてしまいます。

ちなみに我が家のサッシの状況はこんな感じ・・・。

洗浄前のサッシ

このサッシの汚れを落とすのに毎回苦労をしています。(涙)

この汚れを、今回は2種類あるノズルのうち「バリオスプレーランス」を使用して汚れ落としに挑戦してみました。

バリオスプレーランス

で、洗浄後のサッシの状況が下記の写真。

洗浄後のサッシ

なんとビックリ!あれだけの汚れがキレイさっぱり落ちてしまいました。う~ん、これは思っていた以上の洗浄力です。

K2.400を選ぶときに、もっと洗浄力の強いワンランク上のものにするか迷っていたんですが、普通に使うには十分すぎるほどのパワーでした。

逆にこれ以上のパワーがあれば、塗装が剥げる心配をしなければいけないかも知れません。

ちなみに、ここで使用した「バリオスプレーランス」は先端部分を回すことによって、強弱の変更や噴射範囲を広げることができますので、用途に応じた使い分けができてすごく便利です。

網戸部分にも使ってみたのですが、縦に長く伸びた汚れが、

洗浄前の網戸

あっという間にキレイになりました。(写真では分かりづらいかも知れませんが、本当に素晴らしい汚れ落ちです。)

洗浄後の網戸

コンクリート部分の頑固な汚れを洗浄した結果

私の家で掃除をする時に、えらく時間がかかって毎回苦労するのが車の乗り入れ口の洗浄。

コンクリートを敷き詰めているのですが、範囲が広すぎる上になかなか汚れが落ちなくて、今まで使用していた高圧洗浄機でキレイにしようと思ったら、疲れ具合がハンパではありませんでした。

高圧ホースが破れて、水圧が落ちていたというもありますが。(笑)

頑固な汚れということで使用したノズルは、

サイクロンジェットノズル!

サイクロンジェットノズル

名前からしてなんだか強そうな感じ・・・。これはかなり期待できそうです(^^)

で、早速試し打ち。洗浄前のコンクリート部は下記写真のように長期間の汚れがこびりついています。

コンクリート部の洗浄前

これを、サイクロンジェットノズルで軽く洗浄してみたところ、

コンクリート部の洗浄後

こんなに見違えるほどキレイになりました。元のコンクリートの色がしっかりと出ています。

サイクロンという名が付いているだけあって、円を描くように水が出ているのですが、これが洗浄力をUPさせているようです。メーカーによると広角式のノズル(バリオスプレーランス)と比べ、約50%増しの威力があるとのことですが、実際に使用してみてもその位の効果の差が確認できました。

ただし、威力がありすぎる感じがしますので、使用場所には十分な注意が必要だと思います。

柔らかめのブロック塀などに使用すると、穴が開いてしまうかも知れない。その位の強力な威力です。

使用している時の騒音は

ケルヒャーの製品については、水冷式モーターを採用しているということで、モーター音や振動音を抑えるダンパーや吸音材、カバーなどの工夫により、体感音を50%カットしているとのことですが、

はっきり言ってかなりの騒音です・・・。

この点について私は、静かといっても音はやっぱり大きいよね・・・。と、納得の上で購入をしましたのでショックは全然なかったのですが、静音ということだけを理由に買われる方は注意が必要です。

まあ、うるさいといっても昼間に使用するのであれば十分な許容範囲のレベルですし、そもそも高圧洗浄機を使う段階で、どのメーカーでも騒音はつきものですので割り切って考える必要があります。

夜間には使用しない等して、お隣さんに迷惑を掛けない範囲で上手く高圧洗浄機を活用していきましょう♪

本日のまとめ

購入前は、どのメーカーの高圧洗浄機にするか、またどの機種にするか本当に悩みましたが、買って納得の高機能な製品でした。先に述べたとおり、トリガーガンに高圧ホースを取り付ける箇所の黄色のストッパー部分に不安はありますが、取り付け・取り外しを慎重に行うということで対処可能だと思います。使ってみて「洗浄が楽しくなる」そんな気分にさせてくれるおすすめの1台です。

 - おすすめ商品