かずぽんノート

管理人のかずぽんがお役立ち情報を発信するブログです。

*

スマホで本を聴く時代へ!Audibleを試してみた感想

   

ブック

最近、よく耳にするようになったAudible(オーディブル)というサービス。

私も、「物語に耳を澄まそう。」というフレーズには興味津々だったのですが、なんとなくイメージとして浮かんでくるのは、英語教材の「スピードラーニング」のような感じ??いまいち聴く本というものがピンとこないので会員になるのを躊躇していました。

でも、試してみなけりゃ分からないよね・・・。

と、いうことで会員登録をしてみました。

この、Audibleというサービスの良いところは会員登録後、1ヶ月間は無料でオーディオブックが視聴できるというところ。この無料視聴期間に、これはすごく良いと思えば継続して定額制サービスへ移行しても良いですし、逆にいまいちだなと感じたらすぐに退会することができるので、とりあえず試してみるということができる点です。

※退会をされる方は、無料視聴期間の1ヶ月以内に行なわないと自動で定額サービス(月額1,500円)へ移行されるので、その点は注意してください。

Audibleについてちょっと詳しく説明

Audible(オーディブル)ってどんな会社?

オーディブルはアメリカに本社があり、1995年に創業した歴史がある会社で、オーディオブック(聴く本)方式のサービスを行なっている会社としては先駆け的存在です。

事業を展開しているのは、アメリカを筆頭にイギリスやフランスなど6カ国で、事業展開をしている国としては日本が6カ国目で2015年7月にサービスを開始しています。

そして、特筆なのはあの通販サイトとして世界的に有名な「Amazon」の一員だということです。

Amazonに認められた会社ということですから、それだけで信頼ができますよね。

Audibleっていったいどんなサービスなの?

私のように、「オーディブル」っていったいどんなサービス?と思われている方もいらっしゃると思いますのでちょっと説明すると、子どものときに親から絵本の読み聞かせをしてもらった記憶があると思うのですが、その感覚に近いです。

まあ、他の人に本を読んでもらっているものを聴くだけですから、当り前といえば当り前なんですが(笑)

特徴としては

  • ダウンロードをしたオーディオブックをいつでも再生できる。(電波の通信状況に左右されない)
  • 定額(月1,500円)で好きなだけいろいろな本を聴いて楽しめる。
  • 20種類以上の様々なジャンルがあり、趣味にあったオーディオブックが選べる。
  • 聴く場所を選ばないので、通勤中の電車や車の中、寝ながら聴く等、様々なシーンで利用できる。
  • 退会についてはどのタイミングでもできる。

以上のような特徴があるので、本が好きで月に何冊も本を買っているような読書家には、コスト面での大きなメリットがありますし、満員電車に乗っている場合でも本を聴くことができますので、生活スタイルによっていろいろな活用方法があると思います。

で、実際おすすめなの?

私が、実際に視聴した感想なのですが、

聴く本って結構面白いかも・・・。

これが、私のAudibleを試してみての率直な感想です。

もちろん、やっぱり本は読まないと面白くないと思う方や、聴くだけでは記憶に残らないよって言われる方もいると思います。人によって感じ方はさまざまだと思いますが、少なくても私は想像してた以上に面白く感じました。

音質も良く、大変聴きやすいですし、プロのナレーターや俳優が朗読をしていますので物語りに引き込まれていく感覚があります。

おすすめできるか、できないかで問われると私は間違いなくおすすめしますが、こればっかりは実際に自分で聴いていないと、なかなか判断できないと思いますし、私も上手くおもしろさを表現することができません。

人任せなようで申し訳ないですが、とりあえず1ヶ月間の無料視聴期間を活用して、ご自身で判断するのがBestだと思います。

本日のまとめ

今回、前々から気になっていたAudibleに会員登録して、実際に利用した感想を率直に述べさせてもらいました。賛否両論あると思いますが、聴く本という新しいサービスはすごく面白いと感じましたし、たとえば目が不自由な方でも「好きな本をすきな時に聴く」という今までできなかったことができるようになるというメリットもあります。ものは試しということで、ぜひ視聴をしてみてくださいね♪

 - おすすめサービス